以前に書いた記事で、前田裕二さんの著書「メモの魔力」を読んで感動して、4色ボールペンとメモ帳を買ってメモを取るようにしたのですが、後で見返したり、Google KeepやEvernoteなどのクラウドに画像をアップした際に識字されやすいように、字をきれいに書きたいと思いました。

字を覚える過程では、字をなぞったりして字を覚えていったような記憶がありますが、こうするときれいな字が書ける、というようなことは教わっていないか忘れていて、いつも自分で字が汚いなーと思いながら、きれいに書く方法はわからないし、調べようともしなかったのですが、思い立って「ボールペン字3時間速効練習帳」を買いました。

本書に書かれている通り自分の字が好きになったり、字を書くことが好きになりました。

とてもおすすめです。

きれいに書けていませんが、これでも今までより全然きれいです。

「ボールペン字3時間速効練習帳」を選んだ理由

きれいに字を書く方法の書かれた本は沢山ありますが、その中でも「ボールペン字3時間速効練習帳」を選んだ理由です。

“3つのルール”でだれでもきれいな字が書ける

気をつける部分、コツが少ないので、簡単にできそうだと思いました。

“リバウンド”しない

なぞる時には上手く書けても、実際に書く時にはきたない字のままで、時間が経つと結局いつもの字に戻ってしまう状態は想像できますが、3つのルールに気をつけて習慣にするだけで、今後ずっと今までよりきれいな字が書けると嬉しいですね。

時間が短い(3時間)

何年も練習を続けることできれいな字になるのはわかりますが、その時間が短かったので敷居が低かったです。

「ボールペン字3時間速効練習帳」3つのルール

  • 右上がり6度に書く

  • 右下に重心をかける

  • 点や線の間隔を均等にする

右上がりだけでも3度や9度で無く「6度」であったりと、3つのそれぞれに詳しく実例があり、納得の内容でした。

「ボールペン字3時間速効練習帳」で練習

右上がり6度の線が書いてある文字をなぞって、その後に白紙の部分に書いて練習します。

後半には年賀状のレイアウトで文章を書いたり手紙のレイアウトで書いたり、履歴書のレイアウトで書くページなどもあります。

「ボールペン字3時間速効練習帳」は一生もののノウハウを知ることができる最高の本

どうすればきれいに字が書けるか、今までは基準を知らなかったのが、3つのルールを知ることで、人それぞれが持つクセのある字でありながらも、今までよりもきれいな字を書くことができて、自分の字が好きになって、字を書くことが好きになりました。

一生もののノウハウを知ることができる、とてもおすすめの本です。

ボールペン字3時間速効練習帳

ボールペン字3時間速効練習帳

富澤 敏彦
803円(05/31 07:51時点)
発売日: 2014/01/28
Amazonの情報を掲載しています
カテゴリー: スタッフブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です