家庭用精米機を買ったので、より美味しいご飯を食べる為にご飯を炊く釜を買いました。

いつもの炊飯器より美味しいお米が食べれるので、おすすめです。

HARIO(ハリオ)  ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用 GIS-200

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用 GIS-200

7,242円(10/17 08:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用とは

耐熱ガラスメーカー「HARIO(ハリオ)」の作る、ステンレスとアルミの4層構造で出来た、ご飯を炊くための釜、鍋です。

釜を買う前から、お茶を入れる耐熱のポットでお世話になっていた為、安心して購入できました。

ポットは耐熱の為、お茶を沸かしてすぐそのポットに入れて冷ますことができて便利です。

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用の使い方

  1. 釜の蓋に付いている笛が鳴るまでIHの中火にかける。
  2. 笛が鳴って2分間そのままにする。
  3. 2分後に火を止めて、15分蒸らしたら蓋を開けて混ぜる。

これで美味しいご飯が炊けます。

それ以外には、その前にお米を15分以上水に浸けておいたり、新しいお米は水を少なめにしたりしています。

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用のメリット

お米が美味しい

いつもの炊飯器は今まで何をしていたのか、と思うくらいにお米が美味しいです。

いつもの炊飯器もそんなに古いものではなく、ダイヤモンド竈釜の良さそうな炊飯器なのですが、このご飯釜のほうが美味しいです。

ダイソンの掃除機を使った時にも思ったのですが、掃除機であればフィルター交換のパックを買わないといけなかったり、マイナスイオンを出したりしている間に、よく吸ってゴミを捨てやすい、本来の要望を満たした掃除機が開発されていた時の気持ちになりました。

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用のデメリット

保温ができない

家では以前より食べきれないご飯は冷凍していたので、特に問題ありません。

炊きたてのほうが美味しいです。

炊飯器より手間がかかる

  • 笛が鳴るのを確認する
  • タイマーをセットする(2分)
  • タイマーをセットする(15分)

絶対必要なのは、笛が鳴ってから2分後に火を止めるくらいで、蒸らしはその時間を過ぎても大丈夫なので、あまり気にしません。

周りにお湯が散る

これは性格で、あまり気になりません。

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用のまとめ

色々なデメリットを上回って美味しいので、当分炊飯器でお米を炊いていません。

HARIO(ハリオ)  ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用 GIS-200

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用 GIS-200

7,242円(10/17 08:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

追記:2019/09/26、かまどさん電気を買いました

HARIO(ハリオ) ご飯釜 雪平 IH対応 1~3合用と比べて、かまどさん電気が良いところ

時間を予約して炊けるところです。

味は正直どちらもおいしいと思いますが、かまどさんのほうが少し米がふっくらしていると思います。

どちらもおすすめです。

カテゴリー: スタッフブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です