「DJI Osmo Mobile 2」は、ドローンで有名なDJI社の作る「スマホ用ジンバル」と言われるものです。
ドローンでの撮影における風や本体の振動などによる揺れを抑える技術が活かされています。

スマホで普通に動画を撮るよりも手ブレを抑えることができて、いつもよりクオリティの高い動画を撮影することができます。

Osmo Mobile 2は、映画のような滑らかな映像を撮影できるハンドヘルド式のスマートフォン用ジンバルです。

DJI Osmo Mobile 2 – スマートフォン用ジンバル – DJI
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

15,955円(08/19 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジンバル(カメラ用ジンバル)とは

撮影するカメラが揺れると映像も揺れるので、揺れないように水平と方向を保つ回転台です。

ジンバル – Wikipedia

「DJI Osmo Mobile 2」を使うメリット

  • 動画のブレを抑えることができる

「DJI Osmo Mobile 2」を使うデメリット

  • 荷物になる

「DJI Osmo Mobile 2」よりコンパクトな「DJI Osmo Pocket」

荷物になるというデメリットが、コンパクトで軽くなることで小さくなる為、おすすめです。
手ブレ補正の性能も「DJI Osmo Mobile 2」より高く、類似品のない人気の商品です。

DJI史上最小の3軸スタビライザーを搭載し、高性能でコンパクトなOsmo Pocketは、すべてのシーンを輝く瞬間として記録するハンドヘルドカメラです。

DJI Osmo Pocket – スタビライザー搭載ハンドヘルドカメラ – DJI
【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

39,385円(08/19 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

購入を検討したのですが、下記の理由でやめました。

自分の中の「しっかり撮影モード」と「気楽に撮影モード」

「気楽に撮影モード」

  • シャッターチャンスを逃さない為には、ポケットからスッと出してサッと撮りたい

この場合はブレがあっても普通にスマホで撮ると良いかなと思いました。

「しっかり撮影モード」

  • 子供と大きな公園や施設に行って、しっかりブレない動画を撮りたい

この場合は少し重くて荷物になっても問題ないかなと思いました。

スマホを新しいものに買い替えた時に、その性能を活かせるのも「DJI Osmo Mobile 2」のメリットだと思います。

ただ、重量だけで見てもOsmo Pocketの方が良いと思うので、そのうち買うかもしれません。

「DJI Osmo Mobile 2」のおすすめアクセサリー

より便利になる色々なアイテムがあります。

ピークデザインのプレート

アルカスイスという規格の互換プレートで、三脚などの着脱が楽になる為おすすめです。
高さなど用途の違う三脚の着脱に、アルカスイス互換が役立ちます。

アルカスイスってなに?カメラ初心者が三脚・雲台を選ぶときに知っておきたい話 | 神戸ファインダー

ストラップ

ピークデザインのプレートにつけて首から掛けることができておすすめです。

こちらの記事を見て購入しました。

DJI OSMO Mobile 2 がPeak Designで劇的に便利、快適に!【カメラストラップとアンカー】 – スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮するBLOG-

「DJI Osmo Mobile 2」のまとめ

手ブレ補正の性能が年々高まっているスマホですが、ジンバルを使用するのとしないのでは大きな差があるので、スマホで撮る動画のクオリティを上げたい方に「DJI Osmo Mobile 2」はとてもおすすめです。

アクションカメラ「GoPro HERO7」や新発売の「DJI Osmo Action」も気になる

それぞれの比較動画などもYouTubeに多くあがっており「GoPro HERO7」は「DJI Osmo Action」より色味が明るく広角であったり、「DJI Osmo Action」は「GoPro HERO7」よりタッチパネルの操作性が良かったりと一長一短があるようです。

「DJI Osmo Action」は手ブレ補正が強力で、ジンバルなしでも手ブレの少ない動画が撮れるようなので、ゆくはジンバルがなくても、スマホだけで手ブレのない動画が撮れるようになりそうですね。

「GoPro HERO7」とは

よくサーフィンやスノボをしている目線の映像で使われている、アクションカメラの代表的なものです。

GoPro HERO7 Black – 驚異的に滑らかな 4k ビデオ

「DJI Osmo Action」とは

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ

41,000円(08/19 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

「GoPro HERO7」の競合製品としてDJIが後追いで出したアクションカメラです。

Osmo Action – Entdecke Deine andere Seite – DJI

これらのアクションカメラにジンバルを付けて撮影するとより良い動画が撮れるようです。

アクションカメラとジンバルが良いらしい

ガジェットに詳しいdrikinさん曰く「GoPro HERO7」に「Karma Grip」というジンバルの組み合わせが良いらしいです。

「DJI Osmo Mobile 2」にそれ用のアイテムを付けて、取り付けることもできます。

カテゴリー: スタッフブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です