「サードドア」とは

人生、ビジネス、成功。
どれもナイトクラブみたいなものだ。
つねに3つの入り口が用意されている。

ファーストドア:
正面入り口だ。長い行列が弧を描いて続き、入れるかどうか
気をもみながら、99%の人がそこに並ぶ。

セカンドドア:
VIP専用入り口だ。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが
利用できる。


それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。

サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして
窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先に─―
必ずある。
ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、
スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで
史上最年少の監督になれたのも、……みんな、
サードドアをこじ開けたからなんだ。

サードドア: 精神的資産のふやし方

サードドア: 精神的資産のふやし方

アレックス バナヤン
1,980円(11/19 14:05時点)
発売日: 2019/08/23
Amazonの情報を掲載しています

けんすうさんが紹介されていて、僕の好きな2chのひろゆきさんの紹介で知ったと言われていたので、けんすうさんのnoteを購入して読んだ後に、本を買いました。

抜け道っていうと、なんかズルしたりするみたいなのですが、そんなことはないわけです。
どちらかというと「お金もコネもない人が、成功させるために、他と違う方法を取らないといけないよね」という話です。

何者でもない人が「サードドア」を探す方法を考えてみた|けんすう

書籍「サードドア」のあらすじ

ビル・ゲイツやスティーブン・スピルバーグなど、その分野で山の頂に登りつめた有名人、成功者の本をたくさん読んでも、登頂のきっかけ、登りはじめについて書かれた本がない為、それを知りたいと思った学生の著者が、直接本人に聞いて本にまとめようと悪戦苦闘します。

アメリカは広いので、有名人に会えるにしても飛行機代などが必要ですが、学生なのでそのお金がありません。

その費用を稼ぐ為、たまたま大学の近くで収録されているという、観客が参加するタイプのクイズ番組に出て、解答者として選ばれるのも大変なのに、優勝してその費用をゲットします。

書籍「サードドア」の感想

アクション映画を見ているようで、どんどん次が気になってすぐに読み終りました。

サードドアを探すことすらしていなかったりするので、目標に向かってサードドアを探して、叩きたいと思いました。

本筋とは関係なく、他の読者はそんなことはないと思いますが、境遇に共通する部分があり、泣きそうになりました。

とても面白かったです。

サードドア: 精神的資産のふやし方

サードドア: 精神的資産のふやし方

アレックス バナヤン
1,980円(11/19 14:05時点)
発売日: 2019/08/23
Amazonの情報を掲載しています
カテゴリー: スタッフブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です