レトルトカレーのイメージ

レトルトカレーのイメージって、あの銀袋の味がするような気がして何だか買う気が進みませんでした。

そもそも、レトルトカレーって頻度的にはあまり食べられてないんじゃないですか!?

レトルトカレーを食べる時と言えば、どんな時ですか?

レトルトカレーを食べる時と言えば

  1. よほど、家に食べるものが無かったか
  2. めんどくさくて何も作りたく無い!家から出たく無い!という気分だったか
  3. 非常食として用いる食品

である事に変わりはないはずでした。

が!しかし!
今回数あるレトルトカレーを食べてみて、予想を覆すうまさ!のレトルトカレーに出会ったのです!
あの、銀袋の味がしてる気がする〜っという気も起きない!
いやっ!普通に家やお店で出てきても違和感を覚えないくらいのカレーです!
今まで、レトルトカレーの残念なイメージから、そんなにレトルトカレーを買ってこなかったのですが、このレトルトカレーなら又買って食べたい!と思いました。
って事で・・・

美味しいレトルトカレーだけ発表!

数あるレトルトカレーの中から美味しいレトルトカレーだけを発表します!

印度料理シタール 濃厚バターチキンカレー

濃厚クリーミーなバターチキンカレーです。
生クリームとトマトのバランスが絶妙で、コク深いまろやかな味わいです。
ただクリーミーなだけじゃない!トマトの味をちゃんと感じる爽やかフルーティーな風味もあり、それがクリーミーなバターチキンカレーと程よい酸味の爽やかなトマトがハーモニーを奏でるのです。
箱のまま楽々♪温めOK!で手間要らずです。

S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー

120時間熟成デミグラス〜♪ とろっと濃厚ソースに詰まった旨み〜♪
スパイシーさもありながら、じっくりと熟成されたデミグラスソースにワインの香りと酸味がマッチ!ほろほろの牛肉がルーと混ざり合ってとろっとろで噛む必要がありません!「カレーは飲み物」と聞いた事がありますが、これは確かに飲み物でしょう!そして、なんといっても、一般的なカレーという概念を大きく超えた濃厚なデミグラスソースの味わいはたまりません。
こちらのカレーも中袋を切らずに箱に入れたまま電子レンジで温められるので時短出来ます♪

インパクトのあるパッケージ

馬鹿ヤローカレー

北都 大馬鹿ヤローカレー

北都 大馬鹿ヤローカレー

562円(11/19 14:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
パッケージのインパクトが凄くて購入!
馬肉とえぞ鹿肉が美味しい旨味のある激辛カレー!
とにかく唐辛子たっぷり入った辛いカレー!
ほぼほぼ辛さで分からなくなりそうですが、味わうとちゃんとコクがあって美味しさを感じますw
ただしかし、辛い!!!悲しくないのに!カレーを食べているだけなのに!涙腺が緩みます!鼻水も出ます!(注!)
食べる時は、場所を選んで食しましょう!
そして、人を気にせずに思わず「大馬鹿ヤロー!!」と叫びましょう!

普通に美味しいレトルトカレー

神戸牛すじカレー

本当に、家に出てくるごく普通のカレーです。

でも、わざわざ取り上げたのはレトルトカレーって感じじゃない!普通に美味しい牛すじカレーだったからです。

牛すじカレーの牛すじは、ルーにかなりトロトロになって溶け込んでいるようで、ゴロッとした感じとは少し違いますが、このカレーを食べた後は、コラーゲンのおかげでかお肌の艶が良い気がします。

まとめ

レトルトカレーって、たくさんの種類があると思いますが、中には、一口食べてあまりの不味さに「ごめんなさい」してしまったものも・・・ですが、ひとまず、この4つのレトルトカレーについてあげてみました。

他にも、美味しそうなレトルトカレーが有れば、食べてみて、コレは!って思うものが有ればまた、取り上げていきたいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です